躊躇わずに相談できる相手

医者

変化に気付くこと

気付くことができるならば、早期治療で回復までの道のりもラクだといいます。些細な変化に気付くためには、うつ病について知ること、相談することが大切です。疑われる症状や変化を知らなければ、精神科・心療内科に行くという行動には至りません。なかには、自分の心の持ちようが悪いのではないかと、周囲に相談せずに頑張ろうとする方もいるようです。そのため、医療機関からは、うつ病にかかっていても、なかなか適切な治療に結び付けてあげられない、こうした声が囁かれています。うつ病は自覚していないだけであって、症状はあるため、気付くことはできます。例えば、憂鬱な気分になったり、落ち込んだりする時がありますが、その度合いが強く、長く続く場合にはうつ病になる可能性があります。人は、身体に異常があれば病気と認めても、気持ちは病気として認めない傾向にあります。よくあること、すぐ治るだろう、などと放置せずに診察を受けたり、その旨をかかりつけ医に相談したりするだけでも構いません。周りに相談するというのも、治療のタイミングを逃さないために大切なことです。症状や変化が表れているにも関わらず、本人がうつ病であることに気付かず、症状として訴えないことが多くあります。より重症になってから、やっと病院に行くことも少なくありません。うつ病も、早期発見・早期治療が大切で、それには患者の一番身近な存在である家族が、ちょっとした変化に気付き、疑うことが重要です。そして、家族のサポートによってうつ病の回復を早めることができます。患者は、自分が何もできないからサポートされていると誤解しがちです。しかし、遠慮がいらない、気が許せるからこそ、自分のできる範囲でやらせてくれます。人の目や評価を気にし過ぎず、心と身体に余裕を持つことができます。例えば、成人ならば、回復期に社会復帰を考え始めます。気分に波があり、明日からでも会社に行けるのではないか、などと言い出すことがあります。回復の微候でもありますが、一時的に状態が良くなっただけ、ということが多いようで、焦りがちな時には、身近な家族だからブレーキをかけてくれます。これまで不規則だった生活リズムも、うつ病と診断された瞬間から、家族がサポートするからリセットできます。周りのサポートが本人にとって大事なのは、変えられないことを一緒に変えてくれるということに尽きます。

Copyright© 2018 うつ病になる可能性は誰にでも【患者さんの内情まで把握】 All Rights Reserved.